効果(読み)こうか

精選版 日本国語大辞典「効果」の解説

こう‐か カウクヮ【効果】

〘名〙
① ある働きかけによって現われる目立った結果やききめ。多くはこうすればこうなるだろうという予期や意図をもってすることにいう。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「畢竟性理自然の効果(コウカ)とも謂ふ可き原因の存する有り」
※星座(1922)〈有島武郎〉「或る程度までの効果を挙げることが出来たのだ」
② 演劇、映画、放送番組などで、聴覚や視覚に訴えて、その場面に情趣や真実味を加えるもの。煙を出したり雪や雨を降らせたり、その他、擬音、照明などをいう。また、その担当者。エフェクト。「効果音」
※百鬼園随筆(1933)〈内田百〉百鬼園先生幻想録「周囲の騒音や、群衆の喧噪の効果を現はす位の仕掛けは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「効果」の解説

こう‐か〔カウクワ〕【効果】

ある働きかけによって現れる、望ましい結果。ききめ。しるし。「薬の効果が現れる」「宣伝効果」「効果覿面(てきめん)」
演劇・映画などで、その場面に情趣を加える技術および方法。雨音・風音・煙・雪など。エフェクト。「音響効果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android