効果(読み)コウカ

デジタル大辞泉の解説

こう‐か〔カウクワ〕【効果】

ある働きかけによって現れる、望ましい結果。ききめ。しるし。「薬の効果が現れる」「宣伝効果」「効果覿面(てきめん)」
演劇・映画などで、その場面に情趣を加える技術および方法。雨音・風音・煙・雪など。エフェクト。「音響効果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうか【効果】

ある行為の、目的にかなった結果。ききめ。 「猛練習の-が表れる」 「 -をあげる」 「逆-」
演劇・映画などで、その場面にふさわしい雰囲気や真実みなどを人工的につくり出すこと。また、そのために用いる擬音・照明・音楽など。エフェクト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐か カウクヮ【効果】

〘名〙
① ある働きかけによって現われる目立った結果やききめ。多くはこうすればこうなるだろうという予期や意図をもってすることにいう。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「畢竟性理自然の効果(コウカ)とも謂ふ可き原因の存する有り」
※星座(1922)〈有島武郎〉「或る程度までの効果を挙げることが出来たのだ」
② 演劇、映画、放送番組などで、聴覚や視覚に訴えて、その場面に情趣や真実味を加えるもの。煙を出したり雪や雨を降らせたり、その他、擬音、照明などをいう。また、その担当者。エフェクト。「効果音」
百鬼園随筆(1933)〈内田百〉百鬼園先生幻想録「周囲の騒音や、群衆の喧噪の効果を現はす位の仕掛けは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

効果の関連情報