東京2020大会のボランティア

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東京2020大会のボランティア

宮城スタジアム内で案内・誘導をする大会ボランティアと、仙台空港や駅などで活動する都市ボランティアがいる。大会ボラは大会組織委が募集し、全国で20万人が応募面談などを通じ、宮城で活動する人が決まる。宮城県の都市ボラには約2千人が応募。宮城では震災語り部ボランティアの枠もある。

(2019-06-29 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京2020大会のボランティアの関連情報