コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東塞がり ヒガシフサガリ

デジタル大辞泉の解説

ひがし‐ふさがり【東塞がり】

陰陽道(おんようどう)で、東に向かって行動することが忌まれる状態にあること。
《運の開ける東がふさがっている意から》不運になること。貧乏になること。
「払ひさへらちあかず、―になった者」〈浄・女腹切

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがしふさがり【東塞がり】

陰陽道おんようどうで、東方に向かって事を行うと災いを得るとして忌むこと。
運に見放されること。貧乏に陥ること。 「ここらあたりの払ひさへ埒あかず-になつた者/浄瑠璃・長町女腹切

ひんがしふさがり【東塞がり】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android