腹切(読み)はらきり

精選版 日本国語大辞典の解説

はら‐きり【腹切】

〘名〙
① 自分の腹を切って自殺すること。切腹割腹(かっぷく)
太平記(14C後)二九「腹切の最後の盃にて候へば」
② (ボート競技で、横から見るとオールで腹を切られているような格好のところから) ボートの漕手が、オールさばきのフィニッシュに失敗して、オールを水から抜けなくなり、流されて押し倒されること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の腹切の言及

【切腹】より

…刀で腹を切って死ぬことで,自殺または死刑の方法として用いられた。割腹(かつぷく),屠腹(とふく),腹切(はらきり)ともいい,日本の習俗として外国人にも〈はらきり〉の名で知られている。 自殺の方法としては平安時代に始まり,源平争乱のころから一般化し,武士(男子)はもっぱらこれによるべきものとされ,中世,近世を通じてひろく行われた。…

※「腹切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android