コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松果体ホルモン

1件 の用語解説(松果体ホルモンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

松果体ホルモン

 松果腺ホルモンともいう.実際はメラトニンを指す.メラニン形成細胞を退色させ,また日周変動を調節するとされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松果体ホルモンの言及

【松果体】より

…昼夜による明暗の長さや,季節による日照時間の変化などの光周期をなんらかの形で感知し,生殖活動の日周性や年周性そのほか種々の生体リズムの形成に役だつホルモンを作るといわれる。とくに生殖について松果体ホルモン(メラトニンmelatonin)の濃度が高いときは生殖細胞の発達を抑えるが,低い場合には逆に促進する働きをする。メラトニンは色素胞中の黒色素顆粒(かりゆう)を凝集させ,体色を白っぽくする作用もある。…

※「松果体ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松果体ホルモンの関連キーワード甲状腺刺激ホルモン松果体変態ホルモン脱皮ホルモン副甲状腺ホルモンホルモン剤卵巣ホルモン前胸腺ホルモン甲状腺ホルモンレセプター松果腺ホルモン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone