コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松果体ホルモン

1件 の用語解説(松果体ホルモンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

松果体ホルモン

 松果腺ホルモンともいう.実際はメラトニンを指す.メラニン形成細胞を退色させ,また日周変動を調節するとされる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の松果体ホルモンの言及

【松果体】より

…昼夜による明暗の長さや,季節による日照時間の変化などの光周期をなんらかの形で感知し,生殖活動の日周性や年周性そのほか種々の生体リズムの形成に役だつホルモンを作るといわれる。とくに生殖について松果体ホルモン(メラトニンmelatonin)の濃度が高いときは生殖細胞の発達を抑えるが,低い場合には逆に促進する働きをする。メラトニンは色素胞中の黒色素顆粒(かりゆう)を凝集させ,体色を白っぽくする作用もある。…

※「松果体ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone