実際(読み)じっさい

精選版 日本国語大辞典「実際」の解説

じっ‐さい【実際】

[1] 〘名〙
① (bhūta-koṭi の訳語。真実の辺際という意で、涅槃の実証をいう語) 仏語。涅槃、または真如の異称。
※梵舜本沙石集(1283)四「実際は源の一なる事を達して、方便は流の異(ことなる)を莫隔」 〔大智度論‐三二〕
② 真実の状態。物事のありのままの様子。〔文明本節用集(室町中)〕
③ 想像や理論などでなく、実地の場合。
※童子問(1707)中「是謂儒者本領、是謂学問実際
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙はしがき「理論の半分をも実際(ジッサイ)にはほとほと行ひ得ざるからに」
[2] 〘うそではなくそれが事実であることを表わす語。ほんとうのところ。ほんとうに。まったく。実に。転じて、修飾する語を強調する場合にも用いる。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「実際然うだね、も然う思っとる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実際」の解説

じっ‐さい【実際】

[名]
物事のあるがままの状態。「老人医療実際に目を向ける」「実際は経営が苦しい」
想像や理論でなく、実地の場合。「実際に応用する」「実際にあった話」「実際問題」
仏語。真如、または無余涅槃むよねはんのこと。存在の究極的な姿。
[副]ほんとに。実に。確かに。「あの時は実際だめだと思った」「実際やってみると難しい」
[類語](1)(2実地現実本当実情実相実態実像内実事実如実リアル真実真相有りのまま有りようまこと事情実況得体現実現実的実際的実地現に臨場感史実真正実の正真正銘紛れもない他ならない本に本当まことに実に真に全くまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真実真個真正正真しょうしん事実紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android