実際(読み)ジッサイ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐さい【実際】

[名]
物事のあるがままの状態。「老人医療の実際に目を向ける」「実際は経営が苦しい」
想像や理論でなく、実地の場合。「実際に応用する」「実際にあった話」「実際問題」
仏語。真如、または無余涅槃(むよねはん)のこと。存在の究極的な姿。
[副]ほんとに。実に。確かに。「あの時は実際だめだと思った」「実際やってみると難しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっさい【実際】

( 名 )
物事の、あるがままのようす。本当の姿。 「その話は-と違う」 「取引の-が知りたい」 「 -のところ、困っているんだ」
(理論や推測ではなく)実地。 「理論と-」 「 -の業務に携わる」
〘仏〙 存在の究極的な真実、すなわち真如のこと。 「迷悟同じく自心の実心の-也と覚悟すべく候/道範消息」
( 副 )
うそや想像などでなく、現実の状況であると判断するさま。本当に。確かに。 「あの時は-おかしかった」 「行ってみると、-、まだその家はあった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じっ‐さい【実際】

[1] 〘名〙
① (bhūta-koṭi の訳語。真実の辺際という意で、涅槃の実証をいう語) 仏語。涅槃、または真如の異称。
※梵舜本沙石集(1283)四「実際は源の一なる事を達して、方便は流の異(ことなる)を莫隔」 〔大智度論‐三二〕
② 真実の状態。物事のありのままの様子。〔文明本節用集(室町中)〕
③ 想像や理論などでなく、実地の場合。
※童子問(1707)中「是謂儒者本領、是謂学問実際
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉はしがき「理論の半分をも実際(ジッサイ)にはほとほと行ひ得ざるからに」
[2] 〘副〙 うそではなくそれが事実であることを表わす語。ほんとうのところ。ほんとうに。まったく。実に。転じて、修飾する語を強調する場合にも用いる。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「実際然うだね、僕も然う思っとる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実際の関連情報