コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実際 ジッサイ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐さい【実際】

[名]
物事のあるがままの状態。「老人医療の実際に目を向ける」「実際は経営が苦しい」
想像や理論でなく、実地の場合。「実際に応用する」「実際にあった話」「実際問題」
仏語。真如、または無余涅槃(むよねはん)のこと。存在の究極的な姿。
[副]ほんとに。実に。確かに。「あの時は実際だめだと思った」「実際やってみると難しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっさい【実際】

( 名 )
物事の、あるがままのようす。本当の姿。 「その話は-と違う」 「取引の-が知りたい」 「 -のところ、困っているんだ」
(理論や推測ではなく)実地。 「理論と-」 「 -の業務に携わる」
〘仏〙 存在の究極的な真実、すなわち真如のこと。 「迷悟同じく自心の実心の-也と覚悟すべく候/道範消息」
( 副 )
うそや想像などでなく、現実の状況であると判断するさま。本当に。確かに。 「あの時は-おかしかった」 「行ってみると、-、まだその家はあった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実際の関連キーワードセトルメント(Settlement)三要素式利源別配当方式実際原価計算有効画素数利差損益取得原価実地試験原価計算売買価格ファクト死に学問現実問題実際原価標準原価実際問題空理空論栄耀道具実質主義有り寸大名芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実際の関連情報