松田長元(読み)まつだ ちょうげん

朝日日本歴史人物事典の解説

松田長元

生年:生没年不詳
江戸中期の本草家。田村藍水の門人。宝暦7(1757)年湯島で開かれた江戸最初の薬品会(物産会)の主要出品者。平賀源内が企画して藍水が会主となったこの薬品会は,20人により約180種の自然物が展示された。長元は以降毎年のように開催された薬品会に出品,同10年には自ら会主となり市ケ谷で薬品会を開いた。また大坂の戸田旭山 の物産会にも出品し,本草学の知識交流をはかる。同12年まで江戸で5次にわたって開かれた薬品会の記録は,源内によって『物類品隲』(1763)としてまとめられている。<参考文献>上野益三『日本博物学史』

(遠藤正治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android