コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀源内 ひらが げんない

10件 の用語解説(平賀源内の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平賀源内

本草学者。戯作者。名は国倫、字は子彜、号は鳩渓、紙鳶堂、天竺浪人、一世風来山人福内鬼外(浄瑠璃作者としての戯号)一世森羅万象、松籟子、無根叟等。讃岐志度浦の人。長崎に遊び、オランダ語を学び薬物を研究し、本草学者となった。才気縦横、多技多能で種々計画したが成らず不平不満これを戯作の方面で倩さんとした。著書多く江戸浄瑠璃作者の一名手と称せられた。安永8年(1779)歿、54才。一説に57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらが‐げんない【平賀源内】

[1728~1780]江戸中期の本草学者・戯作者。讚岐(さぬき)の人。名は国倫(くにとも)。字(あざな)は子彝(しい)。号、鳩渓。他に福内鬼外(ふくちきがい)・風来山人・森羅万象などと称した。本草学蘭学物産学国学を学び、物産会を開催し、火浣布(かかんぷ)エレキテル寒暖計などを発明。戯作浄瑠璃にも才能を発揮した。殺人のため入獄、病死。著「風流志道軒伝」「根無草」、浄瑠璃「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」など。
桜田常久時代小説。昭和15年(1940)発表。同年、第12回芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平賀源内【ひらがげんない】

江戸中期の科学者,戯作(げさく)者,浄瑠璃作者。名は国倫(くにとも),号は鳩渓(きゅうけい),戯号は風来山人(ふうらいさんじん),福内鬼外(ふくうちきがい)など。(1728-1779)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平賀源内 ひらが-げんない

1728-1780* 江戸時代中期の本草家,戯作(げさく)者。
享保(きょうほう)13年生まれ。讃岐(さぬき)高松藩の蔵番。江戸で田村藍水(らんすい)にまなび,藍水と日本初の物産会をひらく。火浣布(かかんぷ)(石綿耐火布),寒暖計,エレキテル(摩擦起電器)を製作,鉱山を開発する。戯作などでも才能を発揮。人を殺し入牢中,安永8年12月18日病死。52歳。本姓は白石。名は国倫(くにとも)。字(あざな)は士彝(しい)。号は鳩渓(きゅうけい)。筆名は風来山人,福内鬼外(ふくち-きがい)。編著に「物類品隲(ひんしつ)」,著作に滑稽(こっけい)本「風流志道軒伝」,浄瑠璃(じょうるり)「神霊矢口渡」など。
【格言など】功ならず名ばかり遂げて年暮れぬ(晩年の句)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平賀源内

没年:安永8.12.18(1780.1.24)
生年:享保13(1728)
江戸中期の物産学者,戯作者,浄瑠璃作者。源内は通称,本名は国倫,号は物産学や油絵では鳩渓,戯作では風来山人,天竺浪人など,浄瑠璃では福内鬼外と使いわけた。讃岐国(香川県)志度浦の生まれ。父白石茂左衛門は高松藩の足軽相当の小吏で志度の御蔵番。寛延2(1749)年父の死で家督相続,戦国時代の先祖にちなんで平賀に改姓。宝暦2(1752)年第1回の長崎留学。本草学研究の他にもさまざまなオランダの文物に刺激されることがあったらしい。帰郷して間もなく,同4年,藩に蔵番退役願を出して許可され,さらに家督を妹婿に譲る。同5年中に量程器(万歩計)や磁針器などを製作。同6年3月高松を発して,大坂を経て江戸に出,本草学者田村元雄(藍水)の門に入る。同門に小浜藩医中川淳庵がおり,淳庵を介してその同僚の杉田玄白を知り生涯の盟友となる。 宝暦7年,師元雄を説いて湯島で第1回薬品会を開催,以後同志同好の者の珍種奇品持ち寄りによるこの共同品評会を毎年のように催す。同12年4月には源内主催で第5回東都薬品会を開き,全国的ネットワークによって内外1300種の動植鉱物を集めて陳列。翌年,全5回の出品物の中から360種の主要品目を選んで,これに実証的な解説をつけ,挿図をそえて『物類品隲』として刊行。日本博物学史上のひとつの画期的な業績と評される。また,同11年にはすでに正式に高松藩を辞職,神田白壁町に住む一浪人の身となっていたが,13年,談義本『根南志具佐』と『風流志道軒伝』を刊行,江戸の風刺戯作の先駆けとなった。 明和1(1764)年秩父山中の中津川で石綿を発見,これによって火浣布(耐火織物)を作り,以後秩父での鉱山経営の試みは晩年まで続くが,これは源内の「国益」開発思想のひとつの実践であった。明和年間,玄白らと毎春のように長崎屋江戸参府中のオランダ商館長一行および通詞らと問答し,蘭訳の西洋博物書を次々に入手,自分の物産=博物学の拡充を企てた。明和7年には自作浄瑠璃「神霊矢口渡」の初演ののち,田沼意次の命を得て阿蘭陀翻訳御用として再度長崎に遊学。しかし蘭書翻訳は成らず,洋風油絵「西洋婦人図」や舶載緬羊による羅紗試織をみやげに帰東。翌安永2(1773)年には秋田藩に招かれて領内鉱山の再開発に従事,その間に同藩の小田野直武や藩主佐竹曙山に洋風画法を伝授した。以後,同5年のエレキテル(摩擦静電気発生装置)の復原には成功したが,秩父鉱山は挫折し,「憤激と自棄」(門人平秩東作の評)のつのる中に多くの戯文を弄し,ついに安永8年11月激昂して人を殺傷。1カ月後に伝馬町の獄で「非常ノ人」の「非常ノ死」(玄白の源内墓碑銘)をとげた。<著作>『平賀源内全集』(復刻,1970),中村幸彦編『風来山人集』(日本古典文学大系55巻)<参考文献>芳賀徹『平賀源内』

(芳賀徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

平賀源内

1728〜1779(享保13年〜安永8年)【本草学者】その才能、行動、発想、すべてが型破り。不幸な死が惜しまれる。 本草学者。科学者。戯作者。讃岐国出身。25歳で長崎に遊学、大坂で医学・本草学を学んだ後、1756年江戸に出た。中川淳庵、杉田玄白らと親交を持った。翌年から日本初の物産会となる薬品会を催す。源内焼き・火浣布・寒温計・エレキテル(摩擦起電器)を創作。風来山人の名で戯作者としても活躍、浄瑠璃本、また洋画なども手がけ、司馬江漢、太田南畝らに影響を与えた。1779年人を誤って殺傷し、獄死した。浄瑠璃『神電知渡』、談義本『風流志道軒伝』のほか、『物類品隲』が有名。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらがげんない【平賀源内】

1728‐79(享保13‐安永8)
江戸中期の博物学者,戯作者,浄瑠璃作者。名は国倫(くにとも),号は鳩渓,風来山人,福内鬼外(ふくうちきがい),天竺(てんじく)浪人など。高松藩の足軽の子。薬園掛に取り立てられ,1752年(宝暦2)長崎に留学。56年に江戸に出て田村藍水について本草学を学び,57年の日本最初の物産会をはじめとして師とともに会を5度開き,これを基に《物類品隲(ぶつるいひんしつ)》(1763)を著した。参府の蘭人と交わり,西洋博物学の研究を志してドドネウスの《紅毛本草》などの蘭書を集めたが,蘭語学習の道を開く労をいとい,70年(明和7)長崎に赴いてオランダ通詞に翻訳を依頼した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらがげんない【平賀源内】

1728~1779) 江戸中期の本草学者・戯作者。本名国倫くにとも,字あざなは子彝しい,号は鳩渓。筆名,風来山人。浄瑠璃作者名,福内鬼外ふくうちきがい。讃岐の人。長崎・江戸で本草学・物産学・国学・蘭学を学び,物産会の開催,火浣布かかんぷの考案,エレキテルの実験,鉱山の開発など自然科学・殖産事業に活躍。また,戯作・浄瑠璃にも手を染めるなど鬼才ぶりを発揮。門弟を斬り,捕らわれて獄死。著「風流志道軒伝」「根無草」「風来六部集」,浄瑠璃「神霊矢口渡」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平賀源内
ひらがげんない

[生]享保13(1728)頃.讃岐,志度浦
[没]安永8(1779).12.18. 江戸
江戸時代中期の科学者,文人,戯作者,画家。字は子彝。源内は通称。名は国倫 (くにとも) 。号は鳩溪,紙鳶堂。戯作者として風来山人。浄瑠璃作者として福内鬼外と称する。高松藩の足軽の子で,早くから医学を学び,長崎,江戸でオランダ語,本草学などを修めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平賀源内
ひらがげんない
(1728―1779)

江戸時代の本草(ほんぞう)学者、戯作(げさく)者。讃岐(さぬき)の志度浦(香川県さぬき市)の生まれ。幼名を四万吉(よもきち)。伝次郎、嘉次郎といい、名は国倫(くにとも)または国棟(くにむね)。源内(または元内)は通称。字(あざな)は子彝(しい)、鳩溪と号した。戯作者としては風来山人、天竺(てんじく)浪人、悟道軒、桑津貧楽(くわづひんらく)など、浄瑠璃(じょうるり)作家としては福内鬼外を用いている。父は高松藩の蔵番白石茂左衛門良房で、兄は夭折(ようせつ)し、父の死で家を継ぎ姓を平賀と改めた。藩主松平頼恭(まつだいらよりたか)(1711―1771)にみいだされ長崎に遊学、藩の薬園の仕事にも携わるようになったが、1754年(宝暦4)、妹婿に家を譲り江戸に出て、本草学者田村藍水(たむららんすい)に師事、また林家に入塾し本格的に本草学を学んだ。
 1757年、田村藍水とともに江戸・本郷(ほんごう)湯島で物産会を開き、以後、6年間に物産会を5回開催、とくに1762年(宝暦12年閏(うるう)4月10日)の物産会には全国30余国から1300余点に上る展示物を集め、盛況であった。源内はこの物産会の出品物のなかから重要なもの360種を選んで分類、解説し『物類品隲(ぶつるいひんしつ)』(6巻)を翌1763年に出版した。このなかには、藍水の朝鮮人参(にんじん)栽培法や、『天工開物』からとった甘蔗(かんしょ)しぼりの図、また蘭書(らんしょ)から模写したサフランの図などの新しい知識も載せている。これらの活躍により、源内は新進の本草学者、物産学者として評価され、殖産興業、蘭癖の時流にのって多彩な活躍をしている。1764年(明和1)火浣布(かかんぷ)(石綿などでつくった不燃布)を製作、この火浣布について『火浣布説』を書き、1765年には『火浣布略説』を出版している。
 また平線儀(水準儀)、タルモメイトル(温度計)などの理化学的な奇器の製作で人々の目をひき、紀伊(きい)、伊豆(いず)、秩父(ちちぶ)などでの薬物採集や鉱物などの物産調査など、幕府や高松藩の殖産策に尽力した。
 一方、当時、新興の談義本の世界に進み、『風流志道軒伝』(5巻)、『根南志具佐(ねなしぐさ)(前編)』(5巻)などを書いて、よどんだ封建社会を風刺し、新作浄瑠璃『神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)』は1770年に上演され、この面でも好評であった。これらの文中には本草、物産学や医学的な知識、それにオランダ趣味などを入れて新しさを出している。
 やがて田沼意次(たぬまおきつぐ)の知遇を得て二度目の長崎遊学をなし、殖産興業(彼のいう国益)のための陶器や織物の考案、それに鉱山関係の事業と、いっそう活動の場を広めていった。交友も中川淳庵(なかがわじゅんあん)、桂川甫三(かつらがわほさん)(1728―1783)、森島中良(もりしまなから)(万象亭(まんぞうてい))ら蘭学系の学者や、後藤梨春(ごとうりしゅん)(1696―1771)、平秩東作(へつつとうさく)、大田南畝(おおたなんぽ)(蜀山人)らの学者・文人と多方面にわたる。また秋田支藩角館(かくのだて)の小田野直武(おだのなおたけ)に洋画法を教え、秋田蘭画(らんが)誕生のきっかけを与えた。1774年(安永3)、秩父鉱山の経営に失敗し苦境に陥った。1776年、かつて長崎で入手したエレキテル(摩擦起電器)の修理に成功、模造品も製作し評判となった。これを「硝子(ガラス)を以(もっ)て天火を呼び病を治す」医療用具として大名富豪の前で実験したが、期待した後援者は得られず生活もすさみ、『放屁(ほうひ)論』をはじめとする『風流六部集』では「憤激(ヂレ)と自棄(ワザクレ)ないまぜの文章」で世間を揶揄(やゆ)している。
 失意のうちに1779年(安永8)11月、人を殺傷して入牢(じゅろう)、12月18日獄中で世を去った。墓は東京都台東(たいとう)区橋場総泉寺跡にある。[菊池俊彦]
『平賀源内顕彰会編・刊『平賀源内全集』全2巻(1932、1934/1989・名著刊行会) ▽中村幸彦校注『日本古典文学大系55 風来山人集』(1961・岩波書店) ▽城福勇著『平賀源内』(1971/新装版・1986・吉川弘文館) ▽芳賀徹著『平賀源内』(1981・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平賀源内の言及

【エレキテル】より

…オランダ語のelektriciteitがなまってエレキテル,さらに簡略化されて俗にエレキともいわれた。18世紀前半のヨーロッパで摩擦起電機やライデン瓶が発明され,電気ショックで人をおどろかせる見世物や遊び道具として人気を得たが,この知識が日本にもたらされ,後藤梨春(1702‐71)が《紅毛談(オランダばなし)》(1765)にはじめてエレキテルを紹介し,平賀源内は1776年(安永5)にはじめて蓄電器つきの摩擦起電機をつくった。以後,森島中良(1756‐1810),高森観好(1750‐1830),橋本宗吉(1763‐1836)などもつくっている。…

【火浣布】より

… 西方でも,ストラボンが〈耐火性のナプキン〉について語り,大プリニウスがそれはアルカディアやインドからもたらされるといっているのは,中国の火浣布に関する記録とよく一致する。日本では,平賀源内が石綿を使って火浣布を製することに成功,江戸にのぼってきたオランダ人に見せ,またそれで作った香敷(こうじき)を長崎出入りの中国人に与えたことを,《火浣布略説》(1765)に述べている。【吉川 忠夫】。…

【神霊矢口渡】より

…通称《矢口渡》。福内鬼外(平賀源内)作,吉田冠子(3世吉田文三郎)・玉泉堂・吉田二一補助。1770年(明和7)1月江戸外記座初演。…

【ちらし】より

…日本では看板に次いで最も古い広告手段の一つで,不特定多数を相手とする商業への転換期にあった江戸時代後期に至ると強大なメディアとなる。平賀源内,山東京伝などの戯作者が引札に広告文を書いている。現代でもちらしは,経費が安く,簡便であるため,有用性の高い広告媒体である。…

【根南志具佐】より

…談義本。天竺浪人(平賀源内)作。1763年(宝暦13)刊。…

【風流志道軒伝】より

…談義本。風来山人(平賀源内)作。1763年(宝暦13)刊。…

【物類品隲】より

…江戸中期の博物学書。平賀源内著。1763年(宝暦13)刊。…

【屁】より

…興ざめした忠家は口もきけぬ女を残して去り,出家を思い立ったが,女の過ちなのに自分が出家する理由はないと思い直したという話がある。平賀源内は,品川の女郎が放屁を客に笑われて自害せんとし,客たちが口外せぬ旨の証文を書いてとめた話をその《放屁論》に述べている。〈嫁の屁は五臓六腑をかけめぐり〉。…

※「平賀源内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平賀源内の関連キーワード戯作者伊藤柳枝岡清兵衛紀上太郎堺善平戸川不琳浪岡鯨児並木良輔山田案山子容楊黛

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平賀源内の関連情報