コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉石 まつばいし Monodiexodina matsubaishi

1件 の用語解説(松葉石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松葉石
まつばいし
Monodiexodina matsubaishi

北上高地気仙地方の中部ペルム系に産する細長い紡錘虫化石。直径2~3mmに対し長さは 2cm前後もあり,その形から松葉石といわれ,学名もそこに由来する。この地方の中部ペルム系に松葉石の化石層が顕著である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松葉石の言及

【フズリナ】より

…栃木県葛生で古くから米石(米粒石)といわれるものはパラフズリナParafusulinaの遊離個体である。宮城県気仙沼で松葉石とよばれるものは,モノディークソーディナMonodiexodinaの殻がとけて砂岩中に残った細長い外形である。C.W.vonギュンベルによって記載されたフズリナ・ジャポニカF.japonicaは,日本産化石研究中もっとも古い記録(1874)であるが,その後,矢部長克の研究(1899)以降多くの研究者によって重要な貢献が日本から相ついでなされた。…

※「松葉石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松葉石の関連キーワード北上盆地秩父古生層ペルム紀産するペルシュロンアルピコ交通上高地線ミエマイトティリライト気仙沼[市]陸前高田[市]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone