板唐戸(読み)イタカラド

デジタル大辞泉の解説

いた‐からど【板唐戸】

1枚または数枚の板の上下を端食(はしば)み、または裏桟(うらざん)で止めた扉。→桟唐戸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたからど【板唐戸】

社寺建築などに、開き戸として使われる扉の一。框かまちを使わず一枚または数枚の板を矧いでつくり、多くは上下に端喰はしばみなどを取りつけて反りを防ぐ。 → 桟唐戸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android