コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿の本の衆 カキノモトノシュウ

デジタル大辞泉の解説

かきのもと‐の‐しゅう【柿の本の衆】

和歌的な優雅な連歌を作った人々の称。有心連歌衆。有心衆。→栗の本の衆
「よき連歌を―と名づけられ、わろきをば栗の本の衆とて、別座に着きて」〈筑波問答

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例