コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑波問答 つくばもんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑波問答
つくばもんどう

南北朝時代の連歌学書。二条良基作。1巻。応安5 (1372) 年奥書。良基の学書のなかで文章,内容ともに趣を異にしている。ある貴人の邸宅を訪れた老翁が,主人の問いに答えて,連歌の歴史や正しいあり方など,17の項目にわたって教えるという物語的形式をとっている。宗祇の『吾妻問答』とともに後世に重んじられた。本書には連歌を権威づけようとする傾向がみられ,『菟玖波集 (つくばしゅう) 』や『連歌新式』 (『応安新式』) とともに,連歌の確立に努めた良基の記念碑的作品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つくばもんどう〔つくばモンダフ〕【筑波問答】

南北朝時代の連歌論書。1巻。二条良基著。正平12=延文2年(1357)以後、文中元=応安5年(1372)以前に成立。連歌の沿革故実風体作法などを問答式で論じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筑波問答【つくばもんどう】

南北朝時代の連歌論書。二条良基著。1372年ごろに成立。老翁に連歌についてたずねるという設定の問答体で,連歌の名称,起源,変遷,作法,風体等を記す。連歌論として初めての体系的叙述で,連歌を伝統文学と同じ地位にまで高めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つくばもんどう【筑波問答】

連歌論。二条良基著。1巻。1372年(応安5)ごろ成立。老翁に連歌のことを尋ねるという設定で,当時の注釈書に多い問答体の形式をとる。全17ヵ条。文芸としての連歌の確立を宣言した書で,その歴史や効用を説いて連歌の権威づけを図り,ついで連歌の学習法,発句(ほつく),風体(ふうてい),式目,賦物(ふしもの)などについて記述。連歌の特質や作法をよくまとめた入門書として,室町末期以後ひろく読まれた。【赤瀬 信吾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つくばもんどう【筑波問答】

連歌学書。一冊。二条良基著。1357~72年の成立。連歌に関する名称・起源・発達・式目・作法などを問答体で概説したもの。連歌文学の正統性を強調している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑波問答
つくばもんどう

南北朝時代の連歌(れんが)論書。二条良基(よしもと)著。1357年(正平12・延文2)以後、1372年(文中1・応安5)以前に成立。常陸(ひたち)国筑波から参上した老翁に連歌の道について質問し、老翁がそれに答えるという形式で叙述が進められている。内容は連歌概論ともいうべきものであるが、連歌の本質、特質、役割を明らかにすると同時に、連歌が和歌と同じく由緒の正しい文学であることを説くのに主力が注がれており、救済(きゅうせい)と良基による連歌道の確立を宣言する理論書とみることのできるものである。[木藤才蔵]
『木藤才蔵他校注『日本古典文学大系66 連歌論集他』(1961・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

筑波問答の関連キーワード落とし文・落とし書・落し文・落し書柿の本の衆南北朝時代しとしと木藤才蔵正統性わわし続け歌管領夷歌手持只句吹毛歌謡善阿狂句

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android