コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑波問答 つくばもんどう

6件 の用語解説(筑波問答の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑波問答
つくばもんどう

南北朝時代の連歌学書。二条良基作。1巻。応安5 (1372) 年奥書。良基の学書のなかで文章,内容ともに趣を異にしている。ある貴人の邸宅を訪れた老翁が,主人の問いに答えて,連歌の歴史や正しいあり方など,17の項目にわたって教えるという物語的形式をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つくばもんどう〔つくばモンダフ〕【筑波問答】

南北朝時代の連歌論書。1巻。二条良基著。正平12=延文2年(1357)以後、文中元=応安5年(1372)以前に成立。連歌の沿革・故実・風体・作法などを問答式で論じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

筑波問答【つくばもんどう】

南北朝時代の連歌論書。二条良基著。1372年ごろに成立。老翁に連歌についてたずねるという設定の問答体で,連歌の名称,起源,変遷,作法,風体等を記す。連歌論として初めての体系的叙述で,連歌を伝統文学と同じ地位にまで高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つくばもんどう【筑波問答】

連歌論。二条良基著。1巻。1372年(応安5)ごろ成立。老翁に連歌のことを尋ねるという設定で,当時の注釈書に多い問答体の形式をとる。全17ヵ条。文芸としての連歌の確立を宣言した書で,その歴史や効用を説いて連歌の権威づけを図り,ついで連歌の学習法,発句(ほつく),風体(ふうてい),式目,賦物(ふしもの)などについて記述。連歌の特質や作法をよくまとめた入門書として,室町末期以後ひろく読まれた。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つくばもんどう【筑波問答】

連歌学書。一冊。二条良基著。1357~72年の成立。連歌に関する名称・起源・発達・式目・作法などを問答体で概説したもの。連歌文学の正統性を強調している。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑波問答
つくばもんどう

南北朝時代の連歌(れんが)論書。二条良基(よしもと)著。1357年(正平12・延文2)以後、1372年(文中1・応安5)以前に成立。常陸(ひたち)国筑波から参上した老翁に連歌の道について質問し、老翁がそれに答えるという形式で叙述が進められている。内容は連歌概論ともいうべきものであるが、連歌の本質、特質、役割を明らかにすると同時に、連歌が和歌と同じく由緒の正しい文学であることを説くのに主力が注がれており、救済(きゅうせい)と良基による連歌道の確立を宣言する理論書とみることのできるものである。[木藤才蔵]
『木藤才蔵他校注『日本古典文学大系66 連歌論集他』(1961・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑波問答の関連キーワード応安新式藤原良基連理秘抄近来風体抄落書露顕愚問賢注梵灯重阿利阿良阿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone