コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒状晶子 ぼうじょうしょうしbelonite

岩石学辞典の解説

棒状晶子

長く伸びたまたは針状の晶子で,末端が点状または円くなっているもの[Zirkel : 1867].聯珠晶子(longulite),唖鈴形晶子(clavalite),紡錘形晶子(spiculite)などはすべて棒状晶子である.ギリシャ語でbeloneは針の意味である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

棒状晶子の関連キーワードスピクライト

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android