コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚機つ女(読み)タナバタツメ

デジタル大辞泉の解説

たなばた‐つ‐め【棚機つ女】

織女星(しょくじょせい)のこと。
「彦星と―と今夜(こよひ)逢ふ天(あま)の川門(かはと)に波立つなゆめ」〈・二〇四〇〉
機(はた)を織る女。
「我(あ)がためと―のそのやどに織る白たへは織りてけむかも」〈・二〇二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなばたつめ【棚機つ女】

はたを織る女。たなばた。 「 -のそのやどに織る白たへは/万葉集 2027
織女しよくじよ星の異名。 「天の川梶の音聞こゆ彦星と-と今夜逢ふらしも/万葉集 2029

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の棚機つ女の言及

【ベガ】より

…和名の〈おりひめ〉〈たなばた〉〈めんたなばた〉などは,中国より伝来した七夕説話の影響とみなせる。もっとも〈棚機つ女(たなばたつめ)〉という固有の和名もあり,この名を織女星にあてた文化史的背景は深いと思える。アッシリア人はベガを天の審判者と呼び,デンデラ(エジプト)の神殿ではその出没が観測されたと伝えられる。…

※「棚機つ女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android