コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦星 ヒコボシ

百科事典マイペディアの解説

彦星【ひこぼし】

わし座のα星アルタイルの和名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひこぼし【彦星】

牽牛けんぎゆうの和名。鷲わし座のアルファ星アルタイルのこと。牛飼い星。犬飼い星。婿星むこぼし[季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彦星
ひこぼし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の彦星の言及

【アルタイル】より

…ギリシア神話では,ゼウスがトロイアの美少年ガニュメデスを略奪した際の化身とされている。和名は彦星。中国名牽牛(けんぎゆう)を当時の男子の敬称によって呼んだものである。…

【七夕】より

…【小南 一郎】
[日本の民俗]
 日本の七夕の行事はこの夜,天の川の両岸に現れる牽牛星(わし座の首星アルタイル。彦星,犬飼星)と織女星(こと座の首星ベガ)とが鵲の翼を延べたのを橋として天の川を渡り相会うという,中国の伝説を受けいれたことから興った。タナバタとは機を織ることから,その人をさすことになった古語であろうが,それが織女星に結びついたのである。…

【わし座(鷲座)】より

…ギリシア神話では大神ゼウスがトロイアの美少年ガニュメデスをさらうために化身した大鷲の姿で,ガニュメデスは星座ではみずがめ座の水がめをかつぐ少年の姿になっている。α星アルタイル(とぶ鷲)は光度0.8等,A7型の輝星で,七夕の牽牛星(和名は彦星)として有名である。両脇に光度3.9等のβ星,光度2.7等のγ星を従え,三ッ星のように一直線に並ぶが,中国ではこれを河鼓三星と呼び,日本では〈犬飼星〉と呼んでいる。…

※「彦星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彦星の関連キーワードわし座(鷲座)アルクトゥルスベガルタ仙台わし(鷲)座婿星・聟星夏の大三角牽牛(星)妻迎へ船棚機つ女思ひ増す年の渡り見継ぐわし座鵲の橋さ小舟犬飼星牽牛星散り婿星男星

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彦星の関連情報