コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森尚謙 もり しょうけん

2件 の用語解説(森尚謙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森尚謙 もり-しょうけん

森儼塾(もり-げんじゅく)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森尚謙

没年:享保6.3.13(1721.4.9)
生年:承応2.閏6.19(1653.8.12)
江戸中期の儒学者。水戸藩士。名は尚謙,字は利渉。復庵また不染居士,あるいは儼塾と号した。摂津(大阪府)高槻の人。大坂で福住道祐に,京都で松永昌易に儒学を学ぶ。貞享1(1684)年32歳のとき佐々十竹の推薦で水戸藩主徳川光圀に仕え,彰考館編修となって『大日本史』の編纂に参画,元禄4(1691)年には200石を給された。10年水戸城下大町に転居したが,屋敷内には公費で講堂が建てられ,光圀は堂名を儼塾と命名,以後はここで諸士の教育に専念した。『護法資治論』『儼塾集』の著がある。<参考文献>吉田一徳『大日本史紀伝志表撰者考』

(鈴木暎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森尚謙の関連キーワード萩谷遷喬菊池桐江小西梁山鈴木黄軒立原蘭渓原雲沢森儼塾森庸軒吉田愚谷吉田慎斎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone