コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森部湖十 もりべ こじゅう

朝日日本歴史人物事典の解説

森部湖十

没年:元文3.7.27(1738.9.10)
生年:延宝5(1677)
江戸前・中期の俳人。曾氏,深川氏なども称す。別号は,亀休板,木者庵,老鼠,老鼠肝など。江戸の人。榎本其角系俳人。湖十が江戸俳人として活躍するのは,其角七回忌集『二のきれ』以降のこと。それ以前は,上方あたりを漂泊していたという(『宗祇戻』)。さほど親炙していたとは思われない其角であるが,その点印は小川秋色の手を経て,湖十の手に渡る。『俳家奇人談』は,容貌怪異で法衣をまとい,常に酒気を帯びていたと伝えられる。<参考文献>白石悌三『湖十覚書』(『俳文学論集』)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

森部湖十の関連キーワード村瀬湖十

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android