コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊子魚 ようじうお

大辞林 第三版の解説

ようじうお【楊子魚】

ヨウジウオ目ヨウジウオ科の海魚のうち、タツノオトシゴ類を除いたものの総称。体は細長く、輪状の骨板でおおわれ、尾びれを有する。
の一種。全長約25センチメートル。体は著しく細長く、吻ふんは管状で、口は小さい。体色は暗褐色で、全体が硬い骨板でおおわれる。雌は雄の腹面にある育児囊のうに産卵し、雄が稚魚を育てる習性がある。内湾のアジモの生えている間に多い。観賞魚。日本各地に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

楊子魚 (ヨウジウオ)

学名:Syngnathus schlegeli
動物。ヨウジウオ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

楊子魚の関連キーワード尾びれアジモ観賞魚暗褐色内湾輪状管状腹面海魚

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android