コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極小値 キョクショウチ

デジタル大辞泉の解説

きょくしょう‐ち〔キヨクセウ‐〕【極小値】

関数極小のときにとる値。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の極小値の言及

【微分】より

…そのときf(a)を極大値という。不等号≦を≧で置き換えることにより,極小,極小値の定義が得られる。f(x)がxaで極大,または極小であってf′(a)が存在すればf′(a)=0である。…

※「極小値」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極小値の関連キーワードトワイマン‐ローシャンの法則カタストロフィーの理論ギブスの自由エネルギーアーンショウの定理クーパーミニマムパッシェンの法則マティアスの法則コヒーレント気温の日較差焼き鈍し法極大・極小大気安定度極大・極小共沸混合物近藤効果変分原理最小偏角ミニマム立体配座夜光雲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android