極小(読み)ごくしょう

精選版 日本国語大辞典「極小」の解説

ごく‐しょう ‥セウ【極小】

〘名〙 (形動) きわめて小さいこと。また、そのさま。きょくしょう。
※正法眼蔵(1231‐53)発菩提心「極小をしらざるのみにあらず、極大をもまたしらざるなり」
※日葡辞書(1603‐04)「Gocuxô(ゴクショウ)、または、gocuxôna(ゴクショウナ)

きょく‐しょう ‥セウ【極小】

〘名〙 (形動)
① きわめて小さいこと。また、そのさま。ごくしょう。〔工学字彙(1886)〕
関数の局所的性質の一つ。関数 f(x) のaにおける値 f(a) が、aのある近傍における他のどの値よりも小さいならば、f(x) はaで極小になるという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極小」の解説

きょく‐しょう〔‐セウ〕【極小】

[名・形動]
きわめて小さいこと。また、そのさま。「極小な粒子」⇔極大
関数fx)がxaにおいて減少から増加の状態に変わるとき、関数fx)はxaで極小であるという。このときのfa)を極小値という。→極大

ごく‐しょう〔‐セウ〕【極小】

[名・形動]きわめて小さいこと。また、そのさま。きょくしょう。「極小未熟児」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の極小の言及

【微分】より

…したがってまた,ある区間で導関数の等しい二つの関数の差はその区間で定数である。 微分係数は関数の極大,極小を求めるのに用いられる。xaにおいて関数fが極大であるとは,aのある近傍でfが定義されていて,かつその近傍の中のすべてのxに対してf(x)≦f(a)が成り立つことである。…

※「極小」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android