コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極微小地震 ゴクビショウジシン

1件 の用語解説(極微小地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごくびしょう‐じしん〔ゴクビセウヂシン〕【極微小地震】

マグニチュード1未満の地震。人間には感じられない。→マグニチュード

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の極微小地震の言及

【地震】より

…震度は気象庁では0から4,5弱,5強,6弱,6強,7の10階級を用いているが,外国では1から12までの12階級を用いている。 日本ではM7以上を大地震,5以上7未満を中地震,3以上5未満を小地震,1以上3未満を微小地震,1未満を極微小地震と呼ぶことにしている。巨大地震あるいは大規模地震ということばも使われるが,M7.8ないし8.0程度よりも大きいものを指すことが多い。…

※「極微小地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone