コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽律考 がくりつこう

1件 の用語解説(楽律考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽律考
がくりつこう

日本音楽の理論書。 (1) 荻生徂徠著。日本音楽の音律について,中国のそれと比較しながら,科学的に独自の理論を展開させたもの。 (2) 富永仲基著。元文4 (1739) 年に刊行されようとした『律略』の訂正増補本。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽律考の関連キーワード荻生鳳鳴歌舞音楽略史南留別志日本音楽物徂徠呂旋法蘐園慧岩荻生維則荻生玄甫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone