コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽律考 がくりつこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽律考
がくりつこう

日本音楽の理論書。 (1) 荻生徂徠著。日本音楽の音律について,中国のそれと比較しながら,科学的に独自の理論を展開させたもの。 (2) 富永仲基著。元文4 (1739) 年に刊行されようとした『律略』の訂正増補本。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

楽律考の関連キーワード日本音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android