楽律考(読み)がくりつこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽律考
がくりつこう

日本音楽の理論書。 (1) 荻生徂徠著。日本音楽の音律について,中国のそれと比較しながら,科学的に独自の理論を展開させたもの。 (2) 富永仲基著。元文4 (1739) 年に刊行されようとした『律略』の訂正増補本。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android