槍使(読み)やりつかい

精選版 日本国語大辞典の解説

やり‐つかい ‥つかひ【槍使】

〘名〙 巧みにを使用すること。また、その人。
※俳諧・鷹筑波(1638)二「梅もたて置かまもかけをく 難波がた芦屋にはいるやりつかひ〈尹平〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android