横地 伊三郎(読み)ヨコチ イサブロウ

20世紀日本人名事典「横地 伊三郎」の解説

横地 伊三郎
ヨコチ イサブロウ

昭和期の電気工学者 日本大学学長。



生年
明治33(1900)年1月

没年
昭和42(1967)年8月2日

出生地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
東北帝国大学工学部電気工学科〔昭和3年〕

学位〔年〕
工学博士〔昭和18年〕

経歴
昭和5年日大専門部講師、18年理工学部教授を経て、33年理工学部長、38年学長となり理工学部長、生産工学部長を兼務。日大理工学部の充実に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android