充実(読み)じゅうじつ

精選版 日本国語大辞典「充実」の解説

じゅう‐じつ【充実】

〘名〙 中にすきまなく一杯に満ちること。内容が十分備わって豊かなこと。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一〇「其書の中に道理も実にしてあり」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「自己の運命を充実(ジュウジツ)し発展し膨脹しなくてはならぬ」 〔孟子‐尽心・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「充実」の解説

【充実】じゆうじつ

十分にみちる。〔漢書、公孫弘伝賛〕の時興りて六十餘載、安(がいあん)にして府庫充實す。而れども四夷未だ(ひん)せず、制度闕多し。

字通「充」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android