正直者が馬鹿を見る(読み)しょうじきものがばかをみる

ことわざを知る辞典「正直者が馬鹿を見る」の解説

正直者が馬鹿を見る

悪賢いが上手に立ち回って利益を得るのに対して、正直な者はまじめに生きているばかりに損をする。また、正直に申し立てた者が罰せられ、口をぬぐった者はとがめられない。

[使用例] そいで戦争すんで戻って来たら、の中あ、このありさま正直者がバカを見るんだか何だかしらんけど[三好十郎*破れわらじ|1954]

[解説] 正しいことがなかなか通らない世の中を批判することば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「正直者が馬鹿を見る」の解説

正直者(しょうじきもの)が馬鹿(ばか)を見(み)る

悪賢い者がずるく立ち回って得をするのに反し、正直な者はかえってひどい目にあう。世の中が乱れて、正しい事がなかなか通らないことをいう。正直者が損をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android