三好十郎(読み)みよしじゅうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三好十郎
みよしじゅうろう

[生]1902.4.23. 佐賀
[没]1958.12.16. 東京
劇作家。早稲田大学卒業。 1924年吉江喬松教授の推薦で『早稲田文学』に詩を発表。 23年前後から左翼運動に入り,28年2月壺井繁治,高見順らと左翼作家同盟を結成,5月に雑誌『左翼芸術』に処女戯曲『首を切るのは誰だ』を,続いて『疵だらけのお秋』を発表した。 35年 PCL (東宝の前身) のシナリオ・ライターになったこともある。 51年戯曲座の指導者になり,翌年『炎の人』その他により読売文学賞を受賞。作品には『斬られの仙太』『浮標』『胎内』『彦六大いに笑う』『戦国群盗伝』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みよし‐じゅうろう〔‐ジフラウ〕【三好十郎】

[1902~1958]劇作家・詩人。佐賀の生まれ。プロレタリア劇作家として出発、のち転向して庶民の生活を題材に多くの戯曲を書いた。戯曲「斬られの仙太」「浮標(ブイ)」「炎の人」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三好十郎【みよしじゅうろう】

劇作家。佐賀市生れ。早大英文科卒。1928年高見順らと左翼芸術同盟を結成,処女作《首を切るのは誰だ》などによって評価された。日本プロレタリア演劇同盟に入って活躍したが,のち転向。《彦六大いに笑ふ》《浮標(ブイ)》《炎の人》その他があり,第2次大戦前から戦後にかけて左翼劇場,新築地劇団,劇団民芸等で多くの作品が上演された。
→関連項目戦旗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好十郎 みよし-じゅうろう

1902-1958 昭和時代の劇作家。
明治35年4月23日生まれ。昭和3年「首を切るのは誰だ」などでプロレタリア劇作家の地位を確立した。のちマルクス主義に疑問をもち,9年「斬(き)られの仙太」を発表して左翼陣営をはなれた。昭和33年12月16日死去。56歳。佐賀県出身。早大卒。旧姓は森。作品はほかに「浮標(ブイ)」「炎の人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みよしじゅうろう【三好十郎】

1902‐58(明治35‐昭和33)
劇作家,詩人。佐賀県生れ。4歳のとき三好家の養子となり,苦学して1920年早大英文科に入学。日夏耿之介に傾倒して詩作を始め,長編叙事詩《唯物神》(1924)によって認められた。28年高見順らと左翼芸術同盟を結成し,ただちに処女戯曲《首を切るのは誰だ》を発表,戯曲集《炭塵》(1931)によって,プロレタリア劇作家として評価された。しかし日本プロレタリア劇場同盟に不信をいだいて,マルクス主義からはなれ,34年《斬られの仙太》を刊行。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みよしじゅうろう【三好十郎】

1902~1958) 劇作家・詩人。佐賀県生まれ。早大卒。プロレタリア劇作家として出発したがやがて離れ、リアリズム演劇を探究。戯曲「浮標ブイ」「斬られの仙太」「炎の人」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好十郎
みよしじゅうろう
(1902―1958)

劇作家。明治35年4月21日佐賀市に生まれる。戸籍上は父の兄の子、森姓。幼時三好家に入る。実父母と別れ、母方の祖母に育てられる複雑な環境に育つ。1925年(大正14)早稲田(わせだ)大学英文科卒業。在学中から詩を発表。サンジカリズムからマルクス主義に接近し、28年(昭和3)壺井繁治(つぼいしげじ)らと左翼芸術同盟を結成。その機関誌創刊号に処女戯曲『首を切るのは誰(だれ)だ』を発表。同年4月ナップ(全日本無産者芸術連盟)に合流、その下部組織プロット(日本プロレタリア劇場同盟)に属し、戯曲『疵(きず)だらけのお秋』(1928)、『炭塵(がす)』(1930)などが上演された。しかしマルクス主義の思想と運動に疑いを抱き、プロットを脱退。以後、『斬(き)られの仙太』(1934)、『彦六(ひころく)大いに笑ふ』(1936)、『浮標(ぶい)』(1940)、『獅子(しし)』(1943)などを発表し、昭和10年代を飾った。一時PCL文芸部に属しシナリオも執筆した。第二次世界大戦後も『廃墟(はいきょ)』(1947)、『その人を知らず』(1948)など多くの作品を発表、画家ゴッホを描いた『炎の人』(1951)で読売文学賞を得た。進歩的文化人を痛罵(つうば)した評論集『恐怖の季節』(1950)なども話題をよぶ。昭和33年2月16日没。没後、大武正人(おおたけまさと)の努力でガリ版の『三好十郎著作集』全63巻(1960~66)が刊行された。[祖父江昭二]
『『三好十郎の仕事』全四巻(1968・学芸書林) ▽大武正人著『私の三好十郎伝』(1968・永田書房) ▽『三好十郎日記』(1974・五月書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みよし‐じゅうろう【三好十郎】

劇作家、詩人。佐賀県出身。早稲田大学卒。在学中より詩を発表。のちマルクス主義に接近し左翼劇作家として注目されるが、運動の政治主義にあきたらず、左翼陣営を離脱、「斬られの仙太」などを発表、新劇運動に力を尽くし、また、批評の筆も執った。著作「浮標(ブイ)」「廃墟」「炎の人」「恐怖の季節」など。明治三五~昭和三三年(一九〇二‐五八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三好十郎の言及

【浮標】より

三好十郎の戯曲。5幕。…

※「三好十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三好十郎の関連情報