コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正触媒 セイショクバイ

大辞林 第三版の解説

せいしょくばい【正触媒】

反応速度を増大させる触媒。触媒といわれるものの大部分は正触媒。 → 負触媒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正触媒の言及

【触媒】より

…塩酸の添加量が少なければ,酢酸メチル加水分解反応と酢酸‐メチルアルコールエステル化反応の平衡関係はほとんど影響を受けない。 一般に触媒は反応を促進させるが,なかには遅らせるものもあり,とくに前者を正触媒,後者を負触媒ということがある。また,触媒成分に少量の違う物質を添加し,活性をさらに増大させる助触媒(促進剤ともいう)としては,アンモニア合成用の鉄触媒におけるアルミナやカリウムの例が挙げられる。…

※「正触媒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

正触媒の関連キーワード反応速度触媒毒反応

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android