コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負触媒 フショクバイ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐しょくばい【負触媒】

反応の速度を減少させる触媒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふしょくばい【負触媒 negative catalyst】

化学反応において,それ自身は反応の前後で変化しないが,ある方向の反応速度を速めたり遅くしたりする物質を触媒といい,とくに反応速度を遅くするものを負触媒と呼ぶ。ドイツの物理化学者F.W.オストワルトにより命名された。触媒【斉藤 泰和】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふしょくばい【負触媒】

反応速度を減少させる触媒。 → 正触媒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の負触媒の言及

【触媒】より

…塩酸の添加量が少なければ,酢酸メチル加水分解反応と酢酸‐メチルアルコールエステル化反応の平衡関係はほとんど影響を受けない。 一般に触媒は反応を促進させるが,なかには遅らせるものもあり,とくに前者を正触媒,後者を負触媒ということがある。また,触媒成分に少量の違う物質を添加し,活性をさらに増大させる助触媒(促進剤ともいう)としては,アンモニア合成用の鉄触媒におけるアルミナやカリウムの例が挙げられる。…

※「負触媒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

負触媒の関連キーワード正触媒

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android