コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此処で会ったが百年目 ココデアッタガヒャクネンメ

デジタル大辞泉の解説

此処(ここ)で会ったが百年目

ここで出会ったのが尽きだと思え。長年捜していた相手にめぐりあったときなどにいう言葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここであったがひゃくねんめ【此処で会ったが百年目】

ここで出会った今、命運が尽きたと思え、の意。探していた敵などに出会った時にいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

此処で会ったが百年目の関連キーワード此処・此所・是・爰・茲命運