コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武井周作 たけい しゅうさく

2件 の用語解説(武井周作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武井周作 たけい-しゅうさく

?-? 江戸時代後期の医師,本草家。
初代桂川甫周(ほしゅう),吉田長淑(ちょうしゅく)に蘭方をまなぶ。文政2年(1819)「医家人名録」(共編)を,天保(てんぽう)2年魚についての生活実用書「魚鑑(うおかがみ)」2巻を刊行した。名は好一。号は櫟涯。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武井周作

生年:生没年不詳
江戸後期,江戸日本橋長浜町の蘭方医。名は好一。櫟涯と号した。天保2(1831)年刊の『魚鑑』の著者。同書は民間の生活実用書で,魚について和名,地方名,俗称,本草綱目の漢名,産地,形態,生態,料理法などを著述。明治18(1885)年に『勧農叢書』のひとつとして東京有隣堂より刊行。他に文政2(1819)年に『江戸今世医家人名録』(共編)がある。<著作>平野満解説『魚鑑』(生活の古典双書)

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武井周作の関連キーワード大村可中湊長安鯔背銀杏お江戸日本橋新場江戸半太夫(6代)小沢卜尺五葉園松蔭斎藤方策杉田恭卿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone