コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武井周作 たけい しゅうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武井周作 たけい-しゅうさく

?-? 江戸時代後期の医師,本草家。
初代桂川甫周(ほしゅう),吉田長淑(ちょうしゅく)に蘭方をまなぶ。文政2年(1819)「医家人名録」(共編)を,天保(てんぽう)2年魚についての生活実用書「魚鑑(うおかがみ)」2巻を刊行した。名は好一。号は櫟涯。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

武井周作

生年:生没年不詳
江戸後期,江戸日本橋長浜町の蘭方医。名は好一。櫟涯と号した。天保2(1831)年刊の『魚鑑』の著者。同書は民間の生活実用書で,魚について和名,地方名,俗称,本草綱目の漢名,産地,形態,生態,料理法などを著述。明治18(1885)年に『勧農叢書』のひとつとして東京有隣堂より刊行。他に文政2(1819)年に『江戸今世医家人名録』(共編)がある。<著作>平野満解説『魚鑑』(生活の古典双書)

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

武井周作の関連キーワード本草家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android