死に膚断ち(読み)シニハダタチ

大辞林 第三版の解説

しにはだだち【死に膚断ち】

古代社会のタブーの一種。死人の皮膚を切り裂くこと。 「許多ここだくの罪を天つ罪と法り別けて、国つ罪と、生膚断・-・白人しろびと・こくみ/祝詞 六月晦大祓」 → 生き膚断ち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android