死人小左衛門(読み)しびと こざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

死人小左衛門 しびと-こざえもん

?-? 江戸時代前期の侠客(きょうかく)。
江戸浅草の鳥越橋付近で武士とあらそい,きりつけようとしたとき,背後から同行の武士にくみとめられる。憤激して刀を逆手にもち,みずから腹をつらぬいて背後の武士をさし,ともに死んだという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android