コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆手 ギャクテ

4件 の用語解説(逆手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐て【逆手】

柔道などで、相手の腕の関節を逆に曲げる技。逆。→関節技
相撲で、禁じ手のこと。
相手の攻撃をそらし、逆にそれを利用して攻め返すこと。また、ある状況などに対して、ふつう予想されるのとは反対の方法で応じること。さかて。「不利な条件を逆手に取る」
物の持ち方や握り方が普通とは逆であること。さかて。⇔順手

さか‐て【逆手】

《普通とは逆にした手の使い方の意》

㋐刃物の柄を、親指が柄の端、小指が刃の方になるように握ること。切腹するときの短刀の持ち方。
㋑器械体操で、鉄棒などを、手のひらを手前に向けて下から握る握り方。⇔順手
相手の攻撃を利用して、逆にやり返すこと。ぎゃくて。「発言を逆手にとってやりこめる」
逆手投げ」の略。
上代、人をのろうときや凶事に際して打ったという手の打ち方。詳細は未詳。天(あま)の逆手。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎゃくて【逆手】

腕の関節が逆の方向に曲げられること。また、その手。 「 -をとる」
相手の反論・攻撃などを逆に利用してやり返すこと。さかて。 「相手の論法を-に取る」
普通の持ち方とは向きを逆に持つこと。

さかて【逆手】

普通の持ち方とは向きを逆に持つこと。 ↔ 順手
ぎゃくて(逆手) 」に同じ。 「相手の主張を-に取る」
あまの逆手 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆手の関連キーワード逆さ水倒句人使い追使い逆さ睫逆葺く使い方手遣い矢の使い指使い

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

逆手の関連情報