コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死荷重 シカジュウ

大辞林 第三版の解説

しかじゅう【死荷重】

外部からかかる重さを除外した、構造物自体の重さ。 ⇔ 活荷重かつかじゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の死荷重の言及

【荷重】より

…熱応力の原因となる温度分布を熱荷重と呼ぶなどがその例である。 荷重を作用のしかたによって分類する場合,時間的に変化しない荷重を静荷重あるいは死荷重といい,これに対して時間的に変化して作用するものを動荷重あるいは活荷重と呼ぶ。たとえば橋を例にとると,その上をなにも通らないとすれば自重による静荷重が作用していることになるが,自動車などが通過することを考えれば作用しているのは動荷重である。…

※「死荷重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

死荷重の関連キーワード減圧弁連続橋屋根荷重