コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷重 かじゅう load

翻訳|load

8件 の用語解説(荷重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷重
かじゅう
load

物体に外部から加える力を工学では荷重と呼ぶ。時間の経過とともに荷重の大きさ,方向,位置などが変化しない静荷重または死荷重と,これらが変化して作用する動荷重,周期的に作用する繰返し荷重に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐じゅう〔‐ヂユウ〕【荷重】

貨物自動車などの荷の重さ。
機械や構造物の全体または部分に加わる力。また、構造物が耐えうる重さ。ロード

に‐おも【荷重】

[名・形動]
荷物が重いこと。また、そのさま。「荷重な車」
責任や負担が重すぎること。また、そのさま。「新人には荷重な仕事だ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荷重【かじゅう】

物体に作用する外力をいう工学上の用語。構造物自体の重量による死荷重,構造物に固着しない活荷重,時間的に変化する動荷重などある。さらに一点に集中するか諸点にある広がりをもって分布しているかで集中荷重分布荷重に区別する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かじゅう【荷重 load】

主として工学の分野で用いられる概念で,一般には物体に作用する外力のことをいう。外力には自重も含まれる。物体に荷重が加わると物体には応力が生ずる。この意味で応力を発生させる原因となるものを荷重ということもある。熱応力の原因となる温度分布を熱荷重と呼ぶなどがその例である。 荷重を作用のしかたによって分類する場合,時間的に変化しない荷重を静荷重あるいは死荷重といい,これに対して時間的に変化して作用するものを動荷重あるいは活荷重と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かじゅう【荷重】

貨物自動車などの荷の重さ。
機械や構造物の全体またはその一部が外部から受ける力。ロード。

におも【荷重】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
荷物が重いこと。
負担や責任が重すぎる・こと(さま)。 「彼には-な役目だ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荷重
かじゅう
load

物体に外部から加えられる力のこと。工学の一分野である材料力学構造力学においておもに使用される術語である。荷重に加わる速度によって静荷重、動荷重に大別される。いずれの場合も物体のある範囲にわたって比較的広く分布して加わっている荷重を分布荷重といい、ほとんど1点とみなされるように狭い範囲に集中して加わっている荷重を集中荷重という。また静止している物体に他の物体が落下して急に止まったときとか、動いている二つの物体が衝突したときのように瞬間的に加わる荷重を衝撃荷重という。
 細長い棒の軸線方向に力が加わってその棒を引き伸ばしたり縮めたりする荷重を引張り荷重、圧縮荷重という。また棒の軸線あるいは板の面に垂直方向に力が加わり軸や板に曲げ作用あるいはずり切るような剪断(せんだん)作用を与えるものを横荷重という。棒や板を曲げたりねじったりするように加わる一種の偶力のことを曲げ荷重、ねじり荷重とよんでいる。以上の荷重が同時に二つ以上加わったときには複合荷重という。[中山秀太郎]

静荷重

物体の上におもりをのせたときに加わる重力作用のように、静止していてまったく動かない荷重を死荷重という。しかし、材料試験機で棒の両端をつかみ、引っ張ってその材料の機械的性質を調べるときのように、きわめてゆっくり変化する荷重は、その材料に与える作用は死荷重の場合と同じであるから、この両者を含めて静荷重とよんでいる。このほか、材料の圧縮試験、曲げ試験、ねじり試験などを行う場合にも、ゆっくり変化する荷重すなわち静荷重を与えてその材料の性質を調べる。[中山秀太郎]

動荷重

荷重が動きながら加わるものを動荷重と総称する。動荷重の種類は多く、いろいろの名がつけられている。たとえば橋梁(きょうりょう)を構成する各部材には自重による死荷重が加わっているが、人間あるいは自動車などが橋の上を渡るときには、それらによる静荷重が橋の上を移動しながら加わるので、これを移動荷重という。クランク軸や電車の車輪を支えている車軸などは回転中ほとんど同じ大きさの荷重を連続的に受けている。これを繰返し荷重という。一方向のみの荷重が繰り返し加わるものを片振(かたぶり)荷重、引張り圧縮が繰り返し加わるものを両振(りょうぶり)荷重という。連続的に不規則な荷重が加わるときは変動荷重という。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の荷重の言及

【負荷】より

…工学用語。例えば扇風機を考えると,これはモーター(電動機)で羽根を回して風を起こすものであるが,モーターには羽根の回転に伴って発生する抵抗力が作用している。このように,機械においては,駆動する側(上の例ではモーター)に対して,抵抗を及ぼす駆動される側(回転中の羽根)を負荷という。駆動される側が及ぼす力や消費するエネルギーの大きさを指すこともあり,扇風機の場合は,回転数が高くなるとともに負荷も増大する。…

※「荷重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荷重の関連キーワード静水力学アナロジー術語単独概念非存在用語動水力学オーダーエスティメーション苦痛快感原則タウンスケープ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荷重の関連情報