コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿堂入り デンドウイリ

デジタル大辞泉の解説

でんどう‐いり〔デンダウ‐〕【殿堂入り】

その分野で業績のあった人の功を顕彰し、名前を功労者名簿に加えること。「ゴルフの殿堂入りを果たす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんどういり【殿堂入り】

( 名 ) スル
ある分野で業績を上げ、その分野の進歩・発展に貢献した人が、殿堂に展示されたり名誉ある名簿に載るなどして顕彰されること。 「 -した名選手」
人気投票などで長期間にわたり不動の支持を得たことを称え、別格として扱うこと。 「このゲーム-ソフトはもはや-のレベル」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殿堂入りの関連キーワードスーザン・エリザベス フィリップスカウント・ベイシー・オーケストラよしもと男前ブサイクランキングポール・ブラウン・スタジアムウィリアム・C. ゴルガスヘンリー・ルイス アーロン松葉家 喜久奴(2代目)シンシナティ・ベンガルズジャスティン デービスジョナサン オグデンマース カニンガム田村駒治郎(2代)ラビル スペンサーチャック ベリー野球体育博物館もし私を見たらB.B.キング世界ゴルフ殿堂秋吉敏子さん米国野球殿堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殿堂入りの関連情報