殿堂入り(読み)デンドウイリ

デジタル大辞泉の解説

でんどう‐いり〔デンダウ‐〕【殿堂入り】

その分野で業績のあった人の功を顕彰し、名前を功労者名簿に加えること。「ゴルフの殿堂入りを果たす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんどういり【殿堂入り】

( 名 ) スル
ある分野で業績を上げ、その分野の進歩・発展に貢献した人が、殿堂に展示されたり名誉ある名簿に載るなどして顕彰されること。 「 -した名選手」
人気投票などで長期間にわたり不動の支持を得たことを称え、別格として扱うこと。 「このゲームソフトはもはや-のレベル」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殿堂入りの関連情報