分野(読み)ぶんや

精選版 日本国語大辞典「分野」の解説

ぶん‐や【分野】

〘名〙
① 中国、戦国時代の天文家が、天の二十八宿を斉・楚・秦などの諸国に配当し、各星宿の地上における支配領域と定めたもの。
※菅家文草(900頃)八・通風俗「茫々分野、応景福之昭回、惵々黎民、繋君王之政化」 〔国語‐周語下〕
② 物事全般のうちのある方面。人それぞれの活動範囲。区切。領域。
※流行(1911)〈森鴎外〉「なんだか、かう麻の葉のやうに分野が出来てゐて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「分野」の解説

ぶん‐や【分野】

人間の活動における、分化した一つの領域。物事のある方面・範囲。「新しい分野の研究」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android