分野(読み)ぶんや

精選版 日本国語大辞典「分野」の解説

ぶん‐や【分野】

〘名〙
① 中国、戦国時代の天文家が、天の二十八宿を・楚・秦などの諸国に配当し、各星宿の地上における支配領域と定めたもの。
※菅家文草(900頃)八・通風俗「茫々分、応景福之昭回、惵々黎民、繋君王之政化」 〔国語‐周語下〕
物事全般のうちのある方面。人それぞれの活動範囲。区切。領域。
※流行(1911)〈森鴎外〉「なんだか、かう麻の葉のやうに分野が出来てゐて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「分野」の解説

【分野】ぶんや

中国全土を二十八宿に配した分域。〔国語、周語下〕木星)の在るは、則ち我が野なり。の在るは、辰馬農なり。

字通「分」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android