コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気泡痕 きほうこん bubble impression

1件 の用語解説(気泡痕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

気泡痕

軟らかい堆積物表面の小さな浅い窪みで,気泡の逸散によって形成されたもの.窪みの周囲に突出し盛り上がった縁どりはない[Twenhofel : 1921].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気泡痕の関連キーワード陸源堆積物ケース・ハードニング砂岩球水位痕クリンクル・マーク雨滴跡宇宙性堆積物アンダープライト浅海性堆積物埋没土

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone