コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気泡痕 きほうこんbubble impression

岩石学辞典の解説

気泡痕

軟らかい堆積物表面の小さな浅い窪みで,気泡の逸散によって形成されたもの.窪みの周囲に突出し盛り上がった縁どりはない[Twenhofel : 1921].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android