気泡(読み)キホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ほう ‥ハウ【気泡】

〘名〙 液体中にできる空気のあわ。あぶく。
※小学化学書(1874)〈文部省〉二「次に塩化水素酸を加ふれば白堊の周に忽ち気泡を発するを見るべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の気泡の言及

【泡】より

…限られた小空間に閉じ込められた気体分散系をいう。液体中の気体分散系,シャボン玉のように薄い液膜でかこまれた球形の気体などがあり,前者を気泡,後者を泡沫と呼ぶことが多い。気泡は,衝撃などにより液体が気体をまき込んだり,液中に気体を噴出させたり,あるいは加温,減圧などによる液中での気体の発生によって生成する。…

※「気泡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気泡の関連情報