水に降る雪(読み)みずにふるゆき

精選版 日本国語大辞典「水に降る雪」の解説

みず【水】 に 降(ふ)る雪(ゆき)

すぐに消えてしまうこと、はかないことのたとえ。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「すべてわがこのためにあしからんことを、水のうへにふる、いさごのうへにをくつゆとなしへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android