コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水攻め ミズゼメ

デジタル大辞泉の解説

みず‐ぜめ〔みづ‐〕【水攻め】

川をせき止め、その水を敵の城の周囲に導入して孤立させること。
の給水路を断ち、飲料水を欠乏させて苦しめること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずぜめ【水攻め】

( 名 ) スル
城への給水路を押さえ、城内を水不足にする攻め方。
川をせきとめて城の周囲を洪水状態にし、孤立させて攻める方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

水攻めの関連キーワード吉備路風土記の丘県立自然公園吉備史跡県立自然公園落とす・落す・墜す高松城跡〈岡山県〉高松城(岡山市)高松城[岡山]吹上(埼玉県)高松(岡山市)アルクマール高松城水攻め成田氏長の妻紀伊太田城高田 馬治絵本太功記山崎の戦いステビーン総社(市)蜂須賀正勝成田氏長妻石田三成

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水攻めの関連情報