コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲料水 インリョウスイ

6件 の用語解説(飲料水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いんりょう‐すい〔インレウ‐〕【飲料水】

飲むのに適した水。飲み水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飲料水【いんりょうすい】

水道水のほか,湧泉,流水,天水,井戸水などが用いられるが,病原生物,有毒物質を含まず,無色無臭で澄んでいることが必要。適度の硬度をもつものが美味とされる。水道水の水質基準水道法で規制され,一般に塩素で消毒される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

飲料水

 飲料にする水.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんりょうすい【飲料水 drinking water】

飲むのに適した水。飲料水に適合する条件は,病原性微生物をまったく含まず,長期に飲用しても健康に障害となる物質を含まないことであるが,さらに外観が清澄で異臭がなく美味であることも重要な要素である。水道水は一般にこの条件を満たすものであるが,このほか,河川水,井戸水,泉水,天水などの自然状態で得られるものも飲料水として利用され,また,とくに商業用として瓶詰にしたものもある。成人の1日当りの飲料水量は,平均2l程度であるが,この値は気温,湿度,労働環境によって変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんりょうすい【飲料水】

飲むための水。のみみず。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飲料水
いんりょうすい

飲料に供する水のことで、日本では人口の90%以上が水道水を使用しているが、ほかは井戸水、河川水、天水などを用いている。また海水を淡水化した水やミネラルウォーターが用いられることもある。[小島貞男]

歴史

人類は初め湧泉(ゆうせん)や河川・湖沼などのほとりに住んで、ここから生活に必要な水を得ていた。やがて井戸掘り技術が生まれて、地下水の利用が可能となると、水辺から離れて生活ができるようになり、大いに生活圏が広がった。しかし都市ができて大ぜいの人が集まると、地下水では量的にもまにあわなくなってくるし、水質的にも危険となる。そこで良質の湧水や河川水を遠方から導いて、水を確保する必要が生じる。有名な古代ローマの水道も、江戸の神田(かんだ)上水や玉川上水も、このような経過をたどってつくられたものである。しかし、このような水源もやがて汚濁が進行すると浄化処理が必要となり、ここに初めて近代式水道が誕生した。[小島貞男]

必要量

人体の65%は水分で、その10%を失えば生理障害をおこし、20%の水を失えば渇死する。1日の必要量は2~2.5リットルといわれているが、そのうち1.5リットルぐらいは食物とともにとられるので、飲料水として必要な量は0.5~1.0リットルである。[小島貞男]

飲料水の必要条件

飲料水は目で見てきれいで、飲んでおいしく、しかも衛生的に安全でなければならない。このうちもっともだいじな条件は衛生的に安全なことであるが、しかしいくら安全な水でも、濁っていたり、いやなにおいがしたりするのでは飲料水として落第である。
 前記の条件を科学的に規定したのが水質基準で、水道水に対しては厚生省(現厚生労働省)で定めた「水道法にもとづく水質基準」(平成4年厚生省令第69号)があり、100人以上の人に供給される施設にはこれが適用される。その他の飲料水には、「飲料水の判定標準」がある。両者はほぼ同じで、その大要を説明すると次のとおりである。
(1)糞便(ふんべん)汚染のしるしである大腸菌群が検出されないこと。
(2)シアン、水銀、有機リンなどの毒物を含まないこと。
(3)汚濁の指標である硝酸性および亜硝酸性窒素が合計1リットル当り10ミリグラム以下、過マンガン酸カリウム消費量が1リットル当り10ミリグラム以下、一般細菌数は1ミリリットル当り100以下であること。
(4)量が多いと衛生的に有害な鉛(0.1)、六価クロム(0.05)、ヒ素(0.05)、フッ素(0.8)、カドミウム(0.01)などが括弧(かっこ)内の量(1リットル当りミリグラム)以下であること。
(5)水利用上有害な成分、たとえば洗濯物や器物を汚す鉄、マンガン(ともに0.3)、臭気の原因となるフェノール類(0.005)、泡立ちをおこす陰イオン界面活性剤(0.5)、せっけんをむだに消費し味を悪くする硬度(300)などが括弧内の量(1リットル当りミリグラム)以下であること。
(6)いやな臭気や味がなく無色透明(濁度は2度、色度は5度以下)であること。
 飲料水がこれらの基準に適合しているかどうかは、水質検査を行わなければわからないが、水道水なら水道局(部)に、井戸水の場合は保健所や衛生研究所で調べてもらうことができる。[小島貞男]

浄水方法

純良な地下水はそのままでも飲料水となるが、鉄やマンガンを含んだり、汚染された地下水、およびすべての地表水は、浄水処理が絶対必要である。
 浄水方法には、
(1)砂層の表面や内部に発生した微生物の働きを利用し、ゆっくり(1日当り5~6メートル)濾過(ろか)しながら浄化する緩速濾過法
(2)薬品の力で水中の懸濁物質や微生物の大部分を沈殿除去したのち、速い速度(1日当り120~150メートル)で砂濾過する急速濾過法
とがある。前者はいわば自然の浄化作用を応用した方法で、濁りやバクテリアはもちろんのこと、臭気やアンモニア、マンガン、ABS(合成洗剤の主成分)などもよく除去されて、おいしい水が得られる。後者の方法では、濁度、色度やバクテリアなどは除かれるが、その他の成分は薬品の種類や量を増さない限り除去できない。しかも水の味がひと味劣る。なお、水道水は塩素消毒することが義務づけられているので、いずれの場合も最後に塩素を加えて消毒する。水道水がカルキくさいといっていやがられるのは、この消毒薬のためである。
 家庭用の浄水装置としては昔から濾過槽が用いられているが、これは緩速濾過法の一種で、地下水中の鉄分や濁りを除去するのに適している。最近では災害時にプールや池沼の水を浄化して飲料水をつくることを目的とした携帯型の浄水器がつくられている。原理は、活性炭層で濾過したのち塩素で消毒するもので、いわば薬品浄化法である。[小島貞男]

水の味

水の味は水質によって異なるばかりでなく、飲む人の生理的条件や、そのときの気象条件によっても異なる。水がおいしいための水質的条件としては、(1)適度のミネラルと炭酸ガスを含んでいること、(2)温度は10~15℃であること、(3)異臭味を与える物質、たとえば塩素、硫化水素、フェノールなどを含まないこと、などである。
 すなわち、ミネラル(おもにカルシウム)が適量(1リットル当り100~200ミリグラム)あると温和円満な味を呈するが、多すぎると鈍重な味となり、さらに多くなると鹹味(かんみ)、渋味、苦味などを伴うようになる。反対に少なすぎると、こくのない、頼りない味となる。ことにミネラルをまったく含まない純水や蒸留水では、無味淡泊なだけでなく、生理的にも有害である。また炭酸ガスは口腔(こうこう)粘膜を刺激して爽快(そうかい)味、新鮮味を感じさせ、これが少ないと湯冷ましのような気の抜けた水となる。一方、水温も水の味を左右する。冷やして飲めばたいていの水はおいしく感じるが、冷やしすぎると味がなくなる。
 次に生理的条件としては、(1)のどが渇いたときはおいしく、起床時や満腹時には味が落ちる。(2)湿度の高いときにはまずく、乾燥しているときにはおいしい。(3)ひどく興奮しているときには味がわからなくなる。
 具体的にどんな水がおいしいかというと、第一は湧水や地下水で、地下水のなかでは浅井戸のほうが一般に味がよい。これらの水は適量のミネラルと炭酸ガスとを含み、水温も低いので美味の条件にかなっている。水道水も湧水や地下水を水源としたものや、清流の水を緩速濾過法によって浄化したものは味がよい。水道水をおいしく飲むには、冷蔵庫に入れて冷やすか、活性炭などで残留塩素を除くことである。[小島貞男]

水の硬度

硬度とは、水中に溶けているカルシウム、マグネシウムのことで、国によって表し方が異なる。たとえば日本やアメリカでは炭酸カルシウムに換算し、その1リットル当りミリグラムで表すが、ドイツでは酸化カルシウムに換算し、その1リットル当り10ミリグラムを含む場合を1度としている。硬度の低い水を軟水、硬度の高い水を硬水とよぶが、その境界値はかならずしも一定でない。一般にドイツ硬度10度以下を軟水、20度以上を硬水とよぶことが多い。硬度成分は洗濯の際、せっけんを消費するばかりでなく、難溶性の金属せっけんを生成し、これが繊維に粘着するので生地を傷める。また硬度の高い水は料理に不向きであり、超高圧ボイラーや電子工業などに必要な超純水の製造にも大きな負担となる。[小島貞男]

飲料水と健康

水は人にとって毎日欠かせないものだけに、健康にとっても関係が深い。第一は、水が病原性微生物の伝播(でんぱ)役を果たす場合で、赤痢、腸チフス、コレラ、赤痢アメーバなどの消化器系伝染病をはじめ、住血吸虫や肝炎ウイルスなどが水を介して感染する。第二は、飲料水中に有毒・有害物質が含まれている場合で、たとえば四エチル鉛で汚染された地下水を飲んで鉛中毒をおこした例、マンガンによる脳炎、硝酸性窒素による乳幼児のヘモグロビン血症、フッ素による斑状(はんじょう)歯などがあげられる。そして第三は、長期間飲用による水質の影響である。たとえば、硬水飲用地域の人は軟水飲用地域の人に比べて、脳卒中や心臓病が少ないという研究がある。[小島貞男]

外国の飲料水

欧米の水は日本の水に比べて硬度が一般に高く、日本の水が1リットル当り40~80ミリグラムであるのに対して、200~300ミリグラムもある。したがって、硬くて鈍重な味がするばかりでなく、軟水に慣れた日本人旅行者はこれを飲むと下痢をおこすことが多い。欧米人は長い間悪水と疫病に悩まされた経験から、あまり生水を飲まず、紅茶やコーヒーとして水分をとる習慣があり(煮沸すると殺菌されるばかりでなく、硬度は約半減する)、飲料水としては瓶やペットボトルに入ったミネラルウォーター(エビアン水など)が市販されている。一方、東南アジア諸国の水は軟水であるが、消毒不完全で飲用に適さないものが少なくない。中国では、地下水は硬度が高く苦味や渋味があるので「苦水(クーショイ)」とよび、硬度の低い河川水を「甜水(ティエンショイ)」と称する。かつて甜水を飲料用に売り歩く風景がみられた。これらの国々でも、水はかならず煮沸して飲み、生水を飲まないのは、悪水や疫病に苦しめられて得た知恵であろう。[小島貞男]
『洞沢勇著『飲料水』(1955・金原出版) ▽小林純著『水の健康診断』(岩波新書) ▽小島貞男他著『新水質の常識』(1981・日本水道新聞社) ▽永沢信著『飲用水と食品用水』(1972・恒星社厚生閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飲料水の言及

【上水道】より

…都市や集落へ飲料水を供給する施設の総体をいう。日本では江戸時代初期に生活用水の供給を主目的とする水利施設が初めて設けられたときに,それまでの農業用水施設と区別して上水,または水道ということばが用いられた。…

※「飲料水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飲料水の関連キーワード脚荷飲用合格清涼飲料水適合適役嫁期水の尾クラブソーダ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飲料水の関連情報