コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産資源保護法の輸入防疫

1件 の用語解説(水産資源保護法の輸入防疫の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

水産資源保護法の輸入防疫

指定された水産動物の種苗の輸入には農林水産大臣の許可が必要であり、許可申請には、輸出国政府機関が発行した指定された疾病にかかっているおそれがないことを証明した証明書又はその写しを添付し、農林水産大臣に許可申請を行う。特定疾病と同じ疾病に加え、クルマエビ属のエビ類で1疾病の合計11疾病が指定されている。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水産資源保護法の輸入防疫の関連キーワード水生動物農林水産省保護水面農林省農林水産大臣水産動物指定種苗水産動植物の種苗ふ化放流事業農林水産物の輸出促進

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone