輸入(読み)シュニュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐にゅう〔‐ニフ〕【輸入】

[名](スル)ゆにゅう(輸入)」に同じ。
「武器を―する」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉

ゆ‐にゅう〔‐ニフ〕【輸入】

[名](スル)
外国の産物・技術などを自国に取り入れること。特に、外国の商品を自国へ買い入れること。「木材を輸入する」「並行輸入」⇔輸出
運び入れること。「輸入麻疹(はしか)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅにゅう【輸入】

〔「しゅ」は「輸」の正音〕

ゆにゅう【輸入】

( 名 ) スル
〔「ゆ」は「輸しゆ」の慣用音〕
他国の品物・技術・制度・文化などを自国へ取り入れること。特に、他国の商品を自国へ買い入れること。 ⇔ 輸出 「食糧を-する」 「西欧の文物の-につとめる」 → 移入

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸入
ゆにゅう
import

外国で生産された商品を国内消費のために購入すること。輸入によって、自国の生産活動に不可欠な原材料や国民生活のための必需品を確保し、国民経済の安定した発展・運営を図る。しかし、輸入は外貨の流出を伴い、また国民生活・国内産業への影響が大きいため、政府により規制・管理されがちである。[秋山憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐にゅう ‥ニフ【輸入】

〘名〙 (「しゅ」は「輸」の正音。「ゆ」は慣用音) =ゆにゅう(輸入)〔布令必用新撰字引(1869)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉緒言「憲法々律にても、之を其国に輸入(シュニフ)して風俗人情に適当せざるときは」

ゆ‐にゅう ‥ニフ【輸入】

〘名〙 (「ゆ」は「輸」の慣用音。正音は「しゅ」)
① 運び入れること。
※育児読本(1931)〈田村均〉四六「幼稚園で百日咳に感染して家庭に輸入(ユニフ)し」 〔史記‐李牧伝〕
② 外国から品物を買い入れること。⇔輸出。また、外国の思想・制度などを取り入れること。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉七「日本人は色々な主義、色々なイスムを輸入(ユニフ)して来て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の輸入の言及

【貿易】より

…一般に国と国との間の商業取引をいう。ふつう商品の輸出および輸入からなるが,最近は運輸・旅客サービスだけでなく,電気通信サービス,金融・保険サービスや技術・情報サービス等も国境を越えて取引されるようになり,こうしたサービス貿易が注目されてきている。 もっとも国の概念が成立する前から,中国や地中海の文明圏を中心に,各地域の特産品を交換し合う交易は始まっていた。…

※「輸入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輸入の関連情報