コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷隼 みずたに じゅん

1件 の用語解説(水谷隼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水谷隼 みずたに-じゅん

平成時代の卓球選手。
平成元年6月9日生まれ。シェークハンド,オールラウンド型。5歳から卓球をはじめ,青森山田中から青森山田高にすすみ,平成20年明大に入学。中学2年で全日本選手権ジュニアの部で優勝。17年には日本男子史上最年少で世界選手権代表となる。19年全日本選手権シングルスで優勝。20年同選手権シングルスを連覇,ダブルスも岸川聖也のペアで連覇。同年北京五輪では韓陽岸川聖也とともに5位入賞をはたす。五輪後,中国スーパーリーグに参戦。21年世界選手権ダブルスは岸川聖也とのペアで銅メダル。22年全日本選手権シングルス4連覇,ダブルス(岸川聖也とのペア)4連覇。同年世界選手権団体で銅メダル。23年全日本選手権シングルスで5連覇。24年ロンドン五輪団体(水谷隼・岸川聖也・丹羽孝希)で5位入賞,シングルスは4回戦で敗退(9位)。27年全日本選手権男子シングルスで7度目の優勝。静岡県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

水谷隼の関連キーワード荻村伊智朗仰木彬関根潤三伊達正男森祇晶クロマティ田中利明平尾誠二韓陽日本卓球協会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水谷隼の関連情報