入学(読み)ニュウガク

  • にゅうがく ニフ‥
  • にゅうがく〔ニフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ある学校の新しい児童・生徒・学生となること。「大学に入学する」「入学式」 春》
弟子入りすること。入門

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学校の児童・生徒・学生等としての身分を取得して学校に入ること。小・中学校等の公立義務教育諸学校への入学は、就学義務に基づき(学校教育法22条・39条)、入学すべき学校を市町村教育委員会(視覚障害者等の場合には都道府県教育委員会)が指定する(同法施行令5条・6条・14条)。したがって一般的には入学許可の手続を要しない。ただし、通学区域の弾力化措置がとられているところでは、複数の学校から保護者が子供を入学させたい学校を選ぶことができるため、教育委員会による手続に基づいて入学許可が行われる。高等学校への入学には選抜制度がとられ、入学資格をもつ者について選抜のうえ、校長が許可する(同法施行規則90条)。大学への入学は、教授会の議を経て学長が定める(同法施行規則144条)。

[下村哲夫・窪田眞二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 師のもとに弟子入りすること。寺に入り僧侶について仏道を修行すること。入門。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「きのふけふ入学して、くろしあかしのさとりなきが」
② 学校にはいり児童・生徒・学生となること。入校。《季・春》
※菅家文草(900頃)一「賀宮田両才子入学」 〔後漢書‐儒林伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android