コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎用JPドメイン名

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

汎用JPドメイン名

汎用JPドメイン名とは、セカンドレベルドメインへの登録を行うJPドメイン名のこと。それまでのJPドメイン名が持っていた一組織一ドメイン名の原則や個人が登録できないというという制限を緩和し、ドメイン名登録の自由度を高めることを目的として2001年2月から登録が開始された。汎用JPドメイン名を使うと、例えば「mycar.jp」のように短いドメイン名を登録できたり、「キャンペーン名.jp」のように日本語を使ったドメイン名の登録が可能になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんよう‐ジェーピードメインめい【汎用jpドメイン名】

generic JP domain name》登録数に制限がなく、ドメイン名に漢字やひらがなを使用できるjpドメイン名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

汎用JPドメイン名の関連キーワード日本語ドメイン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android