ひらがな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひらがな

1字1音の万葉がな草書体から一段と簡略化され,もとの漢字から独立して日本語を表記するための独特の文字として確立したもの。女手女文字ともいう。古くは単に「かな」「かんな」ともいった。平安時代の女性の手に成る和歌や消息文のなかから生れてきたものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひらがなの関連情報