コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚し/穢し ケガシ

デジタル大辞泉の解説

けが・し【汚し/×穢し】

[形シク]けがらわしい。きたならしい。
「年経(ふ)れば―・しきみぞに落ちぶれて濡れしほどけぬいとほしの身や」〈夫木・三六〉

よごし【汚し】

よごすこと。また、よごれること。多く名詞の下に付けて用いる。「口汚し」「面(つら)汚し
あえもの。「ごま汚し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よごし【汚し】

よごすこと。また、よごれること。多く他の名詞の下に付いて、複合語として用いる。 「口-」 「面つら-」
あえもの。 「胡麻ごま-」 「さつまいもの-が出るだらう/滑稽本・膝栗毛 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

汚し/穢しの関連キーワード子宮内膜増殖症/子宮内膜異型増殖症コート(Henry Cort)住み荒らす・住み荒す自動車排出ガス規制ヤギ(哺乳綱)ネオプトレモスロゴス中心主義「二十四の瞳」名誉殺人クーリエフナムシ橋本経亮御口汚しナプキンあれあれ防湿設計住荒らす緒方惟栄形見分け舞台衣装

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android